tohkoのブログ

自己満足で書いています。苦手な方はスルーしてください。

婚外恋愛中です
嫌な方は通り過ぎて下さい

anniversary

不器用な私たちの恋は終わった。




最後に会って話した時の彼の言葉は、ほとんど全て、私への宣言のようだった。




私は私で置いてけぼり感を拭えず。


彼は彼で、最後まで私に全ての想いをさらけ出していた。




私たちはすこーしだけ、似た者同士。




同級生の中にいても、輪に入っているようで入っていない。



だからこそ惹かれあっていたのかもしれない。



そして。

こんな不安定な関係だからこそなのか、お互いがお互いのことを、理解してくれているし、理解している、そんな風にも思っていた。




そのそんな想いも、少なからずちゃんとあったのかな。



だからなのかも知れない。


終わってまだそんなに時間なんて経っていないのに、どこか傍観できる。


客観的に気持ちの整理もつけられてきている。













ここからは強がりつよめで。




多分。


私が引きずるよりも彼の方が私を引きずるだろう。


私が思いだして涙する回数よりも、彼の心の中は今もまだまだ土砂降りだろう。




私の大好きな、サヨナライツカの詩になぞらえるとするならば、彼は最後、私に愛された記憶や思い出よりも、私を愛した、記憶や思い出をきっと思い出すだろう。




そんな独りよがりな、ちょっとやばいオンナ感を出しながら。





私はきっと彼の忘れられないオンナになれたと思う。


そんな今日が、私にとっての終わりを終わりとして受け止める記念日。